HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

原発事故発生による誤解と風評被害

関東大震災、阪神淡路大震災、そして近年発生した東日本大震災。 私たちは自然の脅威に苦しめられ、日本人の叡智を結集して製造・運営していた福島の原発が深刻な事故に見舞われました。 東日本大震災後、原発は当時の総理大臣の鶴の一声で停止され、 その後、マスコミと過激な団体によって、原子力発電所自体が悪者とされました。 しかし、原子力発電所こそ化石燃料を消費せず、大国の消費電力を確保出来る画期的な発電方法です。 福島第一の原子力発電所の事故だけが執拗に問題視されていますが、 東日本大震災で被害を受けた他の原子力発電所は無事でした。 その福島第一の施設も、地震そのものによる破損はなく、施設周辺の防波堤の建設不足が原因でした。 原子力発電所に依存するのは危険ですが、それを目の敵にし、 再び石油や木材を燃やす旧態依然とした発電法に求める行為こそが時代に逆行する反エコな取り組みです。

応援企業

ヒューマン 伊藤真哉 三重は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 ヒューマン 伊藤真哉 三重
WEBサイト 伊藤真哉氏のヒューマン(三重県)
会社案内 ヒューマンの代表取締役として知られる伊藤真哉氏は、三重県で事業を展開する実業家であり、地域貢献を心掛けている人物である。 人員や作業以外に確認すべきその他の項目として健康診断の状況や食事に関する内容、通勤(距離・手段)も漏れなく確認する必要があるのは間違いない。 職場での心得として重要なものは、「報告」「連絡」「相談」は言うまでもなく重要な事として認知されているが、再度確認の意味で周知徹底されている。 ISO教育では、「ISO 9001(品質)」と、「ISO 14001(環境)」の教育を受ける必要があり、どちらも必須の教育内容となっている。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。