2014年3月 のアーカイブ

ありがとうございました。

2014年3月31日 月曜日

3月は年度末という事も有りますが、とても寂しい事があります。
私たちの活動を設立当初から温かく見守り支えてくださった神戸市こころの健康センターのセンター長さまが移動になられるとの事を28日にお聞きし驚くと同時にショック状態になりました。
センター長様大変お世話になりました。
いつも笑ってる私のこころを見過ごされてるようにお目にかかる度に明るく接して下さいましたね。
大好きな神戸に先生がいてくださりさりげない優しさに触れさせて頂き本当に感謝いたしております。
また、私たちのような小さなNPOにたくさんのお心をかけて下さいました。今はまだショックで信じられない気持ちです。「ありがとう」では言い尽くせない思いです。先生のこれからのご活躍をお祈り申し上げますと同時にまたお目にかかれる事を信じております。先生・・・・本当にほんとうにありがとう。

平成25年度研修会終了いたしました。

2014年3月31日 月曜日

平成25年度 神戸市自死遺族支援団体助成事業「自死遺族が直面する法的問題を考える研修会」賃貸物件での自死問題~3月29日神戸国際会館において無事終了いたしました。ご参加いただきました皆様にはこころより御礼申し上げます。
全国自死遺族弁護団の生越照幸弁護士・和泉貴士弁護士・ファミリー共済のご担当者さまも東京からお越しいただきご講演頂きました。感謝いたします。また、昨年は予定いたしておりましたが出来なかったワードカフェを大阪自殺防止センターの澤井登志さまにお願いをし和やかな雰囲気のなかで終了させていただきました。年度末ということも有り多方面で研修等が重なった事もあり小人数ではありましたが学びの多い研修会でした。
ご参加いただいたみなさま・助成を頂きました神戸市様にこころよりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

今年度もあとわずか・・・。

2014年3月26日 水曜日

3月も下旬になりました。相変わらずバタバタと過ごしております。今年に入ってからもたくさんのみなさまにお世話になりました。茨木市のゲートキーパー講師に再度お招きいただいきました。また2月28日には兵庫県相生市にお招きをいただきました。これまでに初めてですが看護学生さんの皆さんも含めてお話させていただきました。みなさん真剣に耳を傾けてくださり胸が熱くなりました。後日皆さんの感想文を頂き感動いたしました。相生看護学校の皆さんありがとうございます。これから「いのちの現場」で活動される皆さんの事を私はこころから尊敬いたします。これからもこのような機会を持たせて頂ければと願っております。
また3月12日には、西宮ハローワークでの総合相談会にお邪魔いたしました。ハローワークに於いての相談会は様々なお悩みをお抱えになってらっしゃる方が多くいらっしゃるのだと痛感いたしました。
東京はじめ各地で行われているとお聞きしておりましたが実感いたしました。
関係職員のみなさま、ご参加いただいたみなさまにお礼を申し上げます。

今年度最後のイベントといたしまして、当会主催にて神戸国際会館にて研修会を開催させていただきます。自死遺族が直面する問題として不動産業者の皆さんと研修をさせていただきます。多くのみなさまにお越しいただけますよう併せてお願いいたします。詳しくはHPをご参照くださいませ。

チラホラと桜の開花が聞こえてまいります。どんなに厳しい冬でも、やがて春が来て桜が咲きます。
私自身もこの冬は長く厳しいものであったと感じております。同時に体調も崩しやすい時期でもあります。くれぐれもご自愛ください。