被災地の友人との再会

久々の更新になってしまいました。
東日本大震災から1カ月半が過ぎました。
日々テレビを見ながら無力な自分にジレンマを感じています。
そんな中23日に被災地に暮らす友人と再会することができました。震災の一報を聞いた時におない年でプライベートでも仲良くさせて頂いている彼女に一番に電話をしましたが繋がらず・・・・翌日彼女の声を聞きその言葉が普段通り穏やかな彼女であった事が余計心に響き泣いてる私に「泣かないでよ~」って逆に励まされました。
「今度会ったらいっぱいハグしようね!!」
って約束した通りいっぱいハグしました。
その後、最近おばあちゃんになった彼女に「いいな~~~」を連発してお孫ちゃんの写真をたくさん見せて頂いた時の彼女の表情はとろけそうでした。
しかしながら、彼女から聞く被災地の状況は本当に過酷なものでした。その中でも人から人に伝わっていく風評被害、差別には強い怒りを感じました。こんな時だからこそ優しさと思いやりを持ちよりたいものです。

久々の東京は節電の事もありエスカレーターは殆ど動いておらず、夜になっても華やかなネオンは消えていました。
昼間はお陽さまの光を頂き、夜は静寂に包まれる・・・人間の営みの自然な姿なのかもしれませんが、華やかさをまとってない東京は少し寂しかったです。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。