当会概要

HOME > 当会概要 (設立趣旨・活動内容・定款)

設立趣旨

わが国は自殺される方々が3万人を超しています。先進国の中でも深刻な事態であるにも拘らず、この事態は減少するどころか、本年などは過去最悪になりかねない状態であります。このような状態は、長引く不況、派遣切りなどの雇用問題、労働問題、生活苦、家庭問題、多重債務問題など、複数の要因が重なり合っているからでもありますが、わが国の自殺対策においても、行政機関、法律家、医療機関、民間団体等の連携が上手く取れていない事もあると考えられます。

そこで、私たちは、特定非営利活動法人「多重債務による自死をなくす会コアセンター・コスモス」を設立し、多重債務を主な要因として自死に追い込まれつつある個人や様々な要因によって家族を自死で失った自死遺族に対して、電話及び対面相談を通じて心理的支援と相談者が抱える法的問題点の解明を行いたいと思います。問題解決のために行政機関、各分野の専門家との交流など中核地点としてのコーディネート活動を行い、多重債務が主な要因による自殺を少しでも減少させ、且つ自死遺族の生きる力の回復に助力したいと考えています。

私たちは、平成19年3月3日より神戸市において任意団体として、多重債務による自死をなくす会の活動を致しておりますが、現在まで電話相談にて4000人を越える方々の相談がありました。今回法人として申請するに至ったのは、その実践してきた活動や事業を地域に定着させ、継続的に推進していくためには、社会的にも認められた公的な組織にしていくことが必要だと考えたからです。また、当事者や自死遺族、専門家でボランティアとして地域貢献してみたいという人で組織し、事業を中心的に推進していくことで、今後より発展していきたいと考えております。

法人化することにより、組織を発展、確立することができ、将来的に多重債務が主な要因による自死の減少、さらには自死遺族支援としての電話相談や対面相談、同行支援活動を通じて、地域や行政機関からの要望などにも対応可能となります。このことから誰もが自殺の危機に陥ることなく平和に暮らせる社会の実現に向け貢献して参りたいと思います。

このページのトップへ

活動内容

「多重債務問題の相談」
公開電話相談による相談活動(面談の場合もあります)
ホームページ掲載の公開メールによる相談活動など

「多重債務問題の支援」
法律家への支援活動・生活保護支援活動・行政機関への支援活動など

「自死遺族総合支援相談」
公開電話相談による相談活動(面談の場合もあります)
ホームページ掲載の公開メールによる相談活動など
(相続問題や損害賠償など法律問題に関する支援活動・生活支援活動・行政機関への支援活動など)

「講演・執筆」
自死総合対策関連の講演、研修会など
自死総合対策関連の執筆・出版

このページのトップへ
定款

『多重債務による自死をなくす会コアセンター・コスモス』 定款 (PDFファイル)

認証書

このページのトップへ

日本財団