活動

HOME > 活動 > 「先生、腹くくってください」と云った、あきれた教育委員会担当者

「先生、腹くくってください」と云った、あきれた教育委員会担当者

2016年に自死された女子学生の真相を知りたいとご遺族が学校側に生徒たちからの聴き取りしたメモを開示するよう求めたが、破棄して存在しないと回答していました。

そしてこの度、破棄されたとされるメモが存在することが判明し、しかも隠蔽工作をしたというニュースを拝見しました。

ニュースによりますと、隠蔽した言い訳は、情報開示の事務作業が増えると云ったとか・・・

さらに悪質なのは、当該神戸市教育委員会首席指導主事は、遺族代理人が裁判所に証拠保全申立をなし、裁判所が保全手続きを行った際に、学校校長に「先生腹くくってください」と云って、メモの隠蔽を指示したというのです。

ニュースでの範囲内でしか情報を知りえませんが、凡そ、信じられないことが起きるのが現実なのかもしれません。

しかし、最近の財務省の公文書改竄や政府の対応と酷似していると思うのは私だけでしょうか。

本当に怒りを覚えますし、ひとのいのちを軽んじている役人根性にあきれるばかりです。

神戸市教育委員会は、首席指導主事個人がしたことで、組織的には隠蔽工作に関与していないと会見しているそうです。

この会見もあきれてしまいます。

日大の前監督やコーチの会見とその後の日大の対応と同じで、自分たち組織には関係がないと言い逃れをする。

本当に醜いと思います。

そのような隠蔽工作ができるような体制をつくっている組織の問題ということに気付いていない或いは気付かないようにしていた可能性も推測することができ、空恐ろしさを感じます。

自死された女子学生のご冥福をお祈り申し上げます。

このページのトップへ

日本財団