活動

HOME > 活動 > 自死遺族が直面する法的問題を考える研修会IN神戸

自死遺族が直面する法的問題を考える研修会IN神戸

平成26年3月29日(土)午後1時より、神戸国際会館にて、「自死遺族が直面する法的問題を考える研修会IN神戸」を開催しました。

この研修会は平成25年度神戸市自死遺族支援団体助成金事業です。

今回は、賃貸物件での自死問題をテーマに「事故物件」と位置づけられ、ご遺族(連帯保証人)に対し、高額の損害賠償請求が(心理的瑕疵、物理的瑕疵)されている問題について、不動産業界の皆さまとご一緒に真摯に意見交換会を致しました。

利害対立関係にありますが、経済的に苦しんでいるのは、ご遺族ばかりではなく、家主さんも一緒だと推察します。

ワークショップでは、自死遺族が相談できる環境がまだ整っていない等のご意見を頂きました。

貴重な討論がなされたと実感しています。

みなさま本当にありがとうございました。

案内チラシ

神戸新聞H26.3.28朝刊

このページのトップへ

日本財団