事例

HOME > 事例 > 自殺問題と法的支援(日本評論社発刊)

自殺問題と法的支援(日本評論社発刊)

日本評論社から「自殺問題と法的支援」という書籍が10月に発刊しました。

編者は弁護士の生越照幸先生です。

生越先生は自死遺族支援弁護団の事務局長をされており、この度、弁護士の立場から法律家による支援と連携のこれからについて、法律家、精神科医、NPO等との連携の在り方等を取り上げられました。

共著は、精神科医の高橋祥友先生、弁護士の土井浩之先生、NPO法人ライフリンク代表清水康之氏、コラムに精神科医の宮田雄吾先生、松本俊彦先生が寄稿されています。

「連携の現場から」という座談会で当会も参加させて頂きました。

興味がおありになる方は是非ともご一読下さい。

http://www.nippyo.co.jp/book/6042.html(日本評論社)

自殺問題と法的支援について(表紙)

このページのトップへ

日本財団