事例

HOME > 事例 > 2月6日の国会で松浦議員の「GKB47宣言」標語撤回発言に感謝

2月6日の国会で松浦議員の「GKB47宣言」標語撤回発言に感謝

2月6日国会において、民主党の松浦大吾議員が野田総理対して、内閣府が自殺対策強化月間の標語に決定していた「GKB47宣言」に撤回を求めました。内閣府が決めたGKBとは、ゲートキーパーベーシックの略語で、47は都道府県を表します。人気アイドルグループにあやかって付けた標語ですが、当会はじめ、強い怒りと憤りを感じていました。松浦議員がこの問題を取り上げ、石井委員長も政府に再検討を勧告するなど、異例な展開となり、野田総理もどういう対応が出来るか研究したいと発言しました。この度は松浦議員に感謝申し上げます。

神戸新聞12.2.7朝刊

このページのトップへ

日本財団