事例

HOME > 事例 > 内閣府の自殺防止対策強化月間の標語に大反対

内閣府の自殺防止対策強化月間の標語に大反対

 内閣府自殺対策推進室が3月の対策強化月間で使うキャッチフレーズについて、人気アイドルグループAKB48をもじって「あなたもGKB47宣言!」としたところ、有識者でつくる自殺対策推進会議の23日の会合で、委員から異論が相次いだ。内閣府は予定通り啓発ポスターで使う方針だが、物議を醸しそうだ。 「GKB」とは、悩んでいる人を見守り、自殺を思いとどまらせる医師らを指す「ゲート・キーパー」、その役割を幅広く国民各層に担ってほしいとの願いを込めた「ベーシック」の頭文字から取った。「47」は自殺対策の取り組みを全国の各都道府県に広げたい意味合いを持たせている。(共同通信)

内閣府は何を考えているのでしょうか。当会はこのような標語を考えだし、強化月間に使用することに大反対ですし、政府の意識の低さに驚きを禁じ得ません。敢えて当会HPにて内閣府が実施しようとしている事実を共同通信社の記事に基づいて、アップさせて頂きます。

このページのトップへ

日本財団