事例

HOME > 事例 > 父親や親類が連帯保証人に

父親や親類が連帯保証人に

自営業をしてきたが、不況で生活も出来なくなってきた。妻も働いてくれているが、自分の父親と妻の父親にも連帯保証人になって事業資金を銀行や保証協会から借入している。債務額は約3000万円ほど。不動産を売却してもオーバーローンで父親所有の実家も売却しなければならないことになってしまう。死ぬしかないと思っていた。相談継続中。

このページのトップへ

日本財団