事例

HOME > 事例 > 債務整理もできないとの相談

債務整理もできないとの相談

5年前に脱サラをして飲食店を共同経営。共同経営者が1年ほどで撤退。親友から1000万円借りる。しかし、最近親友の母親が認知証になり、生活が苦しくなったので、返済を迫られている。銀行などからも借入があり、家賃も1年ほど滞納している。破産すれば親友に迷惑がかかるのでできない。相談継続。地元近隣地の存じよりの弁護士につなぐ。何度かの相談の結果、自己破産することに。債務整理をしないと逆に親友に今まで以上の迷惑がかかることを理解されたようである。現在、日雇いで飲食店に勤務されている。

このページのトップへ

日本財団