事例

HOME > 事例 > ギャンブル依存で息子が自死

ギャンブル依存で息子が自死

結婚していた息子が自死。何回も家族が借金の肩代わりを繰り返してきた。ギャンブルがやめられなかった。150万円の借金を残して自死。相続放棄はせずに任意整理をすることで法律家に依頼。祖母には自死したことを知らすことが出来ず、債務整理をすることに。5歳の孫と嫁が不憫。

このページのトップへ

日本財団